小説を大量買いしたこと

綾辻行人の小説を読了したので、とりあえず文庫本を七冊買ってみました。

合計5,400円ちょっとでした。
自分的には思い切った大人買いです。

思い切り良すぎて、ちょっと買うときに挙動不審になったほどです。


綾辻氏の小説も含みつつ、有栖川有栖や湊かなえなども購入してみました。

いまから読むのが楽しみでたまりません。
やっぱりミステリは最高だなあ、と思います。

いまさら恋愛小説なんか読みたいとも思えませんし。
学生のころは純文学に傾倒していましたが、それも遠い思い出です。

長野まゆみの小説を腐るほど持っており、読みふけっていたような気もします。

でも、今では見向きもしません。
密室殺人に敵うような題材は無いような気がします。

そんな自分の嗜好を、ものすごく偏狭だなあと思います。